腰痛の原因と睡眠の関係とは

腰痛の原因と睡眠の関係とは

腰痛は血管や神経の圧迫で発生します

腰痛マットレス

 

椎間板ヘルニア、すべり症等腰痛には色々あります。
中には手術が必要な腰痛もありますが、日常生活の習慣で改善される腰痛もあります。

 

 

今回はそんな日常生活の習慣で改善される腰痛について。

 

 

肩こり等も同じですが、腰痛を感じるときは神経や血管に異常がある状態です。
つまり、神経や血管周辺の筋肉が緊張することによって血管、神経を圧迫した状態になります。

 

凝っている感じや、固まっている感じは神経や血管の圧迫を受けて脳がそう感じているということです。

 

痛みや違和感を感じるのはすべて神経なので腰痛対策としては周辺の筋肉の緊張を緩和してあげることがおススメです。

 

 

 

腰痛と睡眠って関係あるの?

腰痛マットレス

 

腰痛は筋肉の緊張によって神経や血管が圧迫された結果感じる違和感とお話ししましたが、これらの原因は色々考えられます。

 

これは今これを読んでいるあなたの生活を振り返ってほしいのですが、1日中デスクワークで同じ姿勢を続けたり、家事で立ちっぱなしで同じ姿勢でいたり…腰痛の原因はたくさんあります。

 

ご年配の方は筋肉がほぐしにくいので特に腰痛には注意が必要です。

 

このように腰痛の原因となる、つまり筋肉の緊張の原因となるケースは様々ですが、睡眠も当然関係があります。

 

 

寝ている最中に同じ姿勢で居続けることは腰痛対策としては良くありませんね
同じ姿勢で寝ていると筋肉を動かすことがないので筋肉の緊張が発生して腰痛の原因になります。
こんなことが起こらないように人は無意識に寝返りをうちますが、マットレス選びを間違えると寝返りが少なくなって腰痛を発症するなんてことはよくある話です。

 

 

寝ている最中の姿勢も腰痛に大きく関係します。
腰に負担がかかっているような姿勢、
腰が沈み込んでしまうような姿勢は体がゆがんだ状態になる原因になります。

 

 

また、体圧分散の観点でも腰痛と睡眠は深い関係があります。

 

人は肩や腰周辺が体の中でも重かったり突起している部分になります。
硬い布団で寝ると肩や腰に圧力つまり負担が集中してしまって腰痛や肩こりの原因になることが多いです。
もちろん、背中にも筋肉がしっかりとついている体系の方などは全然平気と言う方もいますが。

 

詳しくは腰痛に効果の高い高反発マットレスの選び方をご覧ください。

 

腰痛と睡眠の関係のまとめ

腰痛の原因は色々ありますが、睡眠と腰痛は深い関係にあります。
だから、腰痛対策としてマットレスを考えるのであれば

 

適度な寝返りを打つのに最適や体全体に圧力を分散させるつまり体圧分散に最適

 

という特徴のある高反発マットレスがおススメです。
私がおススメする腰痛改善効果の高い高反発マットレスBEST3


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 低反発マットレス 高反発マットレス