腰痛にいいマットレス

寝ている最中に腰を癒す方法

睡眠中に腰を癒すために必要なのは

腰痛マットレス

 

睡眠中に腰の痛みを緩和させる、又は腰痛を悪化させないために必要なことは

 

腰に優しい姿勢で寝ること
体圧分散されていること
適度な寝返りを打つこと

 

この3つが大切です。

 

 

腰に優しい姿勢で寝ること

横向きで寝ていても仰向けで寝ていても体の一部分に負担がかかるような姿勢では腰痛対策としては良くありません。
低反発マットレスなどの柔らかいマットレスの場合やせんべい布団のような硬い敷き布団の場合は身体の一部分、特に腰の部分に負担がかかってしまうので要注意です。

 

必要なのは体の特定箇所に負担がかかるような姿勢じゃなくて、横向きで寝てても仰向けて寝てても体全体を均等に支えるような歪みのない姿勢が腰に優しい姿勢です。

 

 

体圧分散に優れていること

では、睡眠中に腰を癒してくれる姿勢を実現するためには何が必要かと言うと、

 

腰など体の一部分に圧力がかからない、
腰など体の一部分が沈む込むような姿勢にならない
体全体に圧力が負担が分散されていること

 

これが重要です。

 

そのためには高反発マットレスのような高反発のウレタン素材がおススメです。

 

高反発のマットレスの場合は体の一部分飲みに負荷をかけず、
腰などの体の重い部分を沈み込ませることなく体全体を均等に支えてくれます。

 

このように、体全体の圧力を分散させて腰に優しい睡眠時の姿勢を保たせることを体圧分散と言います。

 

 

適度な寝返りを打つこと

適度に寝返りを打つことで体の血流が滞ることを防ぎ、結果として腰痛対策として効果を発揮します。

 

でも

 

睡眠中に適度な寝返りが必要です、といっても睡眠中の寝返りなんて無意識でするものなのでコントロールすることは難しいと思いますか?

 

私は不可能だと思ってます。

 

だから、

 

適度に寝返りを打てる環境が必要なんですね。

 

 

例えば、低反発マットレスの場合は身体を包み込んでくれるので寝心地は良いですがその分、包み込まれた状態で寝返りを打つのは結構なエネルギーが必要になります。
そのため、低反発マットレスで寝た場合の寝返りの回数は極端に減ってしまいます。

 

一方、硬い布団などで寝た場合は寝返りしやすいですが、布団が硬くて体の一部分に圧力がかかってしまうため寝返りの回数が多くなり過ぎる傾向があります。
そうなると、睡眠中の体の疲れが取れにくくなります。

 

ではどんなマットレスが適度な寝返りに向いているかと言うと、硬すぎず、柔らかすぎず、寝返りが打ちやすい高反発マットレスになります。

 

それが高反発マットレスが腰痛対策としてよいとされている理由です。

 

 

睡眠中に腰を癒すために必要なことのまとめ

寝ている最中に腰を癒すには高反発マットレスで寝ることがおススメです。

 

腰痛に効果のある高反発マットレスの条件


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 低反発マットレス 高反発マットレス