寝起きの腰痛の原因

寝起きに腰が痛くなる理由

寝返りと腰痛の関係

寝起きに腰が痛くなる理由はいくつか考えられますが、その大きな理由としては寝返り!

 

例えば寝ている最中に腰に負担がかかっていれば人は無意識に寝返りを打ちます。

 

ただ、体を包み込むような低反発マットレスのような柔らかいマットレスや布団で寝ている場合は寝返りがうちづらいので、中々寝返りを打たなくなります。

 

寝返りに結構なエネルギーを使ってしまうからですね。

 

 

また、硬い布団の上で寝ている場合は結構寝返りを打ちます。
これは腰痛対策としては理にかなっていますが、寝返りの回数が増えすぎるとエネルギーを多く使うことで睡眠中にしっかりと休むことが出来なくなって翌朝疲れが取れてないなんてことになります。

 

 

同じ睡眠姿勢をとり続けることは危険

腰痛は腰周辺の筋肉の緊張によって、周辺の神経や血管が圧迫された結果感じる違和感を指します。
そして腰周辺の筋肉の緊張はなぜ起きるかと言うと、

 

同じ姿勢で居続けることが大きな原因です。

 

特に睡眠中は意識がないので無意識に体を動かす寝返りと言う行動が重要になってきます。

 

寝返りを打つことで腰周辺の血流が滞ることを防いで筋肉の緊張を防止し、結果として腰痛対策となります。
寝返りが少ないということは長い時間同じ場所に負担がかかって結果として寝起きの腰痛なんてことになってしまいます。

 

腰痛対策におススメで人気のある高反発マットレスBEST3

 

腰痛と寝返りの関係のまとめ

 

寝返りは腰痛対策としては重要!
低反発マットレスなどの場合は寝返りの回数が減るので腰痛対策としてはNG
硬い布団の場合は腰の負担を避けるために寝返りの回数が増えるので寝起きの疲れが残る!
高反発マットレスなどの寝返りが楽で体の一部に負担がかからないマットレスが腰痛対策としてはおススメ


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 低反発マットレス 高反発マットレス