西川Air

西川AIR SI

西川AIR SI

@概要

 

西川AIR SIは西川AIR 01の上位モデルとして、抜群の寝心地、体圧分散性能を誇ります。

 

特に体圧分散ではマットレスの面で体を支えるのではなく、マットレスの突起状になっている点で体を支える構造は西川ならではです。

 

西川AIR SIではレギュラーモデルとハードモデルがありますが、おススメはレギュラーモデルです。
レギュラーモデルの場合は100ニュートンの反発力と他の高反発マットレスと比較すると若干反発力に物足りなさを感じるかもしれませんが、数値以上に反発力の強さを感じるのが特徴です。(西川AIR全般に言えることですが)

 

また、一般的にウレタンフォームのマットレスの場合通気性が低いといわれますが西川AIRの場合はウレタンにスリットを入れてる構造であるため通気性は非常に高いマットレスです。
とはいっても、定期的に陰干ししたりするお手入れは必須ですが。

 

サイズバリエーションが豊富
西川AIR SIのサイズは通常のシングル、セミダブル、ダブルが基本ですが、クィーンサイズ、キングサイズ希望の方に対して、78サイズ、88サイズがあってそれぞれ2枚並べることでクィーンサイズ、キングサイズ相当になります。

 

A詳細

 

反発力 100ニュートン(西川AIR SI)
通気性
密度  不明
重さ  

 

  • 大きさ
 

厚み(cm)

横幅(cm)

縦幅(cm)

S

9

97

195

SW

9

120

195

W

9

140

195

 

 

  • 価格
 

価格

S

76000円

SW

96000円

W

116000円

 

 

Bどこで購入するのがお得か?

 

西川AIR SI

 

 

Cレビュー

 

寝具業界のリーディングカンパニーといっても過言じゃない西川産業。
西川産業の娘婿さんが現社長ですが、この社長になってから西川AIRシリーズやムアツ布団など様々な革新的なマットレスをリリースしてます。

 

その西川AIRシリーズの中でも私がおススメするのは西川AIR SIシリーズです。
まぁ何でも後継シリーズは前シリーズに改良を加えているので上位モデルになってます。

 

西川AIR SIは西川AIR 01の上モデルで、寝心地や点で支える構造に改良を加えたマットレスになってます。
その為かなりの寝心地で体圧分散性能も抜群です。

 

50kg前後の体重だったら西川AIR SIレビュラーモデルがおススメです。
ハードモデルの場合はかなり硬さを感じてしまうでしょう。

 

いずれにしても、西川AIR SIは寝心地、体圧分散のマットレスに求められる性能はピカイチです。

 

 

ネックなのは、価格が高いところと、恐らく寿命は短めだと思います。。。
マットレスの通気性は高そうですが、密度が不明。。。
あまり寿命が短いという意見は聞きませんが、恐らく数年で買い換える計画が良いと思います。
実際に同じような西川AIRの枕を使った私の感想です。

 

 

西川AIR SIシリーズだとちょっと予算オーバー・・・という場合は西川AIR 01のベーシックモデルでもいいかもしれませんね。

 

それか体重50キロ前後でちょっと硬めのマットレスが好きな場合はモットンでもいいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 低反発マットレス 高反発マットレス