通気性抜群!エアリーマットレスは腰痛に良いマットレス?

通気性抜群で腰痛持ちなら興味があるアイリスオーヤマのエアリーマットレス。

 

エアリー

 

エアリーマットレスの特徴はエアロキューブと呼ばれる東洋紡が開発したポリエチレン樹脂でできた素材。

 

 

腰痛に良いマットレスの素材っていうのは、宇宙飛行士がものすごい体圧に耐えられるようにNASAが開発した低反発ウレタンフォームの弾力性を上げた高反発ウレタンフォームなんですが、最近ではエアリーマットレスやエアウィーヴなどポリエチレン樹脂素材も目立ちます。

 

 

エアロキューブの特徴はウレタンフォームと変わらないレベルの体圧分散性能、反発力、そして最大の長所の通気性です。

 

ちなみに、似た名前でエアキューブというマットレスがありますがエアロキューブとは全く違うので誤解しないようにしてくださいね。

 

腰痛に悩む人で通気性の高いマットレスを探している人に特に人気がありますが、実際に使った人の感想など、エアリーマットレスがあなたに合ってるかどうか判断する参考にして下さいね。

トッパーだったら5cmのAPMH、ベッドマットレスだったら9cmのハイブリッド

エアリーが人気のマットレスと言っても、色々なシリーズがあってどれがどんな特徴があって、自分にはどれがいいのか迷いますよね。

 

エアリー

 

エアリーマットレスのシリーズの見方以下の通り

エアリーマットレス MAR-S トッパーマットレス(厚さ5cm)、ソフトな寝心地
エアリーマットレスAPMH トッパーマットレス(厚さ5cm)、ハードな寝心地
エアリーハイブリッドマットレスHB90 ベッドマットレス(厚さ9cm)
エアリープレミアムマットレスHGB120 ベッドマットレス(厚さ12cm)
エアリー敷き布団SAR 敷き布団(厚さ7cm)
エアリーマットレスエクストラAMEX-3S 3つ折り(厚さ6cm)

 

トッパーとして使う場合は硬めのエアリーマットレスAPMH、
ベッドマットレスとして使う場合はエアリープレミアムマットレスHGB120の方が高いですが厚みがあって安心できますよ。

 

 

和室で敷き布団として使うならエアリー敷き布団SARか3つ折りタイプのエアリーマットレスエクストラAMEX-3Sが人気があります。

 

 

マットレスの素材はみなエアロキューブを使っているので、基本的には体重別に体圧分散が変わることはなく、トッパー、ベッドマットレス、3つ折り、敷き布団など用途によって選ぶようになってます。

 

モデルによって寝心地が大きく変わるマットレスは、マニフレックスや硬さが選べるモットンとはまた若干違いますね。

 

 

エアリーの寿命は?

エアリーマットレスは8万回の圧縮テストで変形率が85%とあり、低価格だけどしっかりとした耐久性を持ってるマットレスといえます。

 

ただ、エアウィーヴ同様ポリエチレン樹脂素材は熱に弱く、ウレタンフォームと比べると耐久性が低くヘタリやすいというのも事実。

 

 

実際に使った人の感想を聞いても腰痛対策として使うのであれば3~5年周期で買い替えるのが無難です。

 

通気性を重視して寿命も長く使いたいのであれば、オクタスプリングも検討するのがおすすめです。

 

エアリーマットレスを使った腰痛持ちのリアルな口コミ

エアリーマットレスはテレビでも広告してるので色々な人が購入してるので、日本の多くの腰痛持ち達が購入してますが、全ての人が満足してるわけではありません。

 

エアリーマットレスを購入して使っている人たちの悪い口コミ、良い口コミを参考にしてくださいね。

 

悪い口コミ

  • 和布団から買い替えました。寝心地は布団よりいいんですが、仰向けに寝ると腰に隙間が出来てフィット感がいまいちです。
  • ウレタンマットレスと迷いましたが、通気性の良さにひかれて購入しました。体圧分散があまりできてないような気がします。
  • エアリーの寿命はそれほど長くないというのは理解してたつもりですが、予想よりも早くマットレスの真ん中がへこんで弾力性が落ちてきました。
  • マットレスの素材の成果、寝るとカサカサする感覚が邪魔でなかなか寝付けません、もうしばらく使って慣れることを期待してます、

 

良い口コミ

  • 腰痛対策として購入。最初はマットレスのゴワゴワした感じ、動くとカサカサする感じが気になりましたがすぐに慣れました。今までじっとりとしていた寝心地もエアリーにしてから快適です。
  • 肝心の腰痛も心なしか良くなった気がします。
  • 腰痛対策としてエアウィーヴを検討してたんですが高すぎて、こちらを購入しました。まだ使い始めですが、寝起きのひどい腰痛が血行ら気になった気がしてます。小さな子供と一緒に寝てますが、おねしょをしても簡単に洗えるので便利ですね。

 

エアリーマットレスを購入する人のほとんどがエアウィーヴも一緒に検討しているんですが比較して購入価格のメリットで選ぶケースが多いですね。

 

不満を持った人の多くは寿命が短いということと、思った以上に柔らかかったという声が多かったですよ。

 

満足した人の多くは腰痛が劇的に楽になったというのは少ないですが、通気性や丸洗いできるところなど。
エアロキューブの特徴の良し悪しがはっきり出てますね。

 

エアリーがおすすめな人

以上のエアリーマットレスの特徴、実際に使った人の感想をふまえてエアリーマットレスがおススメな人をまとめました。

 

エアリーはこんな人におすすめです!

  • 体重50~60Kgで腰痛に悩む人
  • 寝汗をかきやすく暑がりな人
  • 子供のおねしょなどマットレスや敷布団を小まめに丸洗いしたい人

エアリーはどこで購入するのがお得?

エアリーは基本的に店頭販売してないので、事前に寝心地を試すのは厳しいですよ。
稀に大手百貨店などで取り扱っているところもあるようですが、タイミングなどで変わってくるのであったらラッキーくらいに思った方が無難です。

 

 

寝心地を試したいのであれば、色々な寝具コーナーで取り扱いのあるエアウィーヴで試して下さいね。
素材が同じなので寝心地もほぼ同じです。

 

 

通販だったら楽天、Amazon、アイリスオーヤマ公式サイトのアイリスプラザで購入することが出来ます。

 

便利さでいえば楽天やAmazonですが、アイリスプラザだけはエアリーに30日間の返金保証が付いているのでお試し感覚購入できるので安心です。

 

 

購入時の便利さよりも、実際にエアリーを使ってみてやっぱり私には合わなかったという場合に使える返金保証は金銭的なリスクを失くす意味で絶対に合った方が良いです。

 

返品の流れもシンプルで、商品到着から30日以内にアイリスプラザのお問い合わせ窓口(0120-108-824 受付時間:9:30〜18:00 土日祝日を除く)に連絡をして、返品商品の到着確認後に返金されるというものです。

 

 

注意点としては、お一人様一回限りとなり、複数個買った場合でも返品できるのは一個のみ、返品送料は自己負担、破損・汚損による返品は対象外、返品前に必ず連絡を入れる、といったものです。詳しくは30日間返品保証サービスのページを確認してみて下さい。