床ずれを防ぎ腰が楽で快適な睡眠が出来る体圧分散の長所と短所

マットレスや敷布団などの敷き寝具を探していると、必ずと言っていいほど体圧分散図を見たことはないでしょうか?

 

マットレスの体圧分散図

 

それほどマットレスの体圧分散性能というのは今重要視されてます。

 

 

マットレスの体圧分散とは?

体圧分散ってナニ?
体圧分散というのはマットレスに寝っ転がった状態で、体の一部に負荷ががかかるような状態ではなく、体全体の圧力をマットレス全体に逃がしてあげることを言います。

 

特に肩甲骨周辺と、お尻が私たちの体の一番重い部分でもあり、突起している部分でもあるので体圧分散が出来てないとこの部分に負荷がかかってしまいます。

 

 

硬い布団やマットレスは体圧分散性が低いので、寝ていると腰の付け根の部分が浮いてる状態になって、腰痛の原因にもなる寝起きに肩や背中が痛いということに。

 

また、体圧分散が出来ていないと体の一部分で支えるので血行が悪くなるのでこれもまた腰痛や体のあちこちがしびれたり痛みを感じる原因にもなります。

 

 

褥瘡(床ずれ)の原因も圧力や摩擦が原因になるので体圧分散性が高い寝具が求められていますよ。

 

 

でも体圧分散だけ出来てれば腰痛に良いというわけでもありません。

 

今回はマットレスを比較する際に覚えていただきたい体圧分散の長所、そして体圧分散だけを重視する危険性をお伝えします。

体圧分散の長所

体圧分散性が高いと体の一部分に圧力がかからず、血管の圧迫も緩和されるというメリットがあります。

 

また、圧力が軽減されることで睡眠中の摩擦も少なくなり床ずれ防止としても最適です。
ちなみに、介護用のマットレスとしてエアーマットレス(空気の入ったマットレス)が体圧分散に良いとして使われてますね。

 

何といっても、体圧分散されてる状態というのは寝心地が抜群です。

 

仰向けになっても横向けになっても体の一部に圧力を感じることがないので、今まで寝つきが悪い人でも簡単に眠りに落ちることが出来るというメリットはあります。

 

言い換えると、体圧分散出来てるマットレスは体へのフィット感が高いとも言えます。

 

 

このように腰痛対策としても、床ずれ防止としても、心地よい睡眠環境を実現するうえでも体圧分散性能が高ければ高いほどいいのか?

 

というと答えばNoです。

 

 

マットレスの体圧分散は腰痛対策には必要条件ですが、それだけだと腰痛を悪化させる可能性もあります。

体圧分散を重視しすぎてもダメ?!知っておきたい短所

体圧分散性を追い求めるのなら厚みのある、ウレタン素材のベッドマットレスタイプの低反発マットレスが一番です。

 

体を包み込んで無重力とはいかないまでも肩や肩甲骨、腰周辺が当てってる間隔極端に少なくなり体全体をマットレスが受け止める寝心地です。

 

 

ただ、低反発マットレスが腰痛に良くない2つの理由で解説した通り、
体圧分散性能を追い求めすぎると今度は適切な寝姿勢を保てない、沈み込みすぎて寝返るが打ちにくい、寝返りを打つのに大きな力が必要鵜になるというデメリットが生じます。

 

下図のような状態は体圧分散が出来てるけど、腰が沈み込みすぎて腰椎が歪みやすい寝姿勢の例です。
体圧分散出来てるけど腰に悪い

 

 

こんな状態が起こりえます。

 

また、通気性が悪ければ寝汗でびっしょりということも普通にありますよ。

 

 

床ずれ防止が出来たとしても寝返りが打ちにくければ、快適とは言えず介護する側もかなり大変になります。

 

だからマットレスの体圧分散性能は大切ですが、必要なのはそれだけじゃなく、適切な寝姿勢をキープできる、寝返るが打ちやすいといったことをトータルで考えることが必要です。