マニフレックスモデル246を使った感想やおススメしたい人をまとめました

腰痛対策として世界の多くの人が愛用しているマニフレックス。
高反発マットレスは色々ありますが、マニフレックスはその中でも高級ブランドのマットレス。

 

マニフレックス東京ショールーム

 

今回レビューするマニフレックスモデル246は最もスタンダードなベッドマットレスで、価格面で他の上位モデルだとちょっと手が届かないという人や、価格の問題じゃなくてもこの寝心地が気に入ったという人まで、色々な人に愛用されてるマットレスです。

 

今回はマニフレックスに興味がある全国の腰痛持ちのあなたへ、以下の6つの観点でレビューします。

 

マニフレックスモデル246の寝心地や寝返りの打ちやすさ

マニフレックス246の芯材で使われるエリオセエルの反発力は170ニュートンと高い反発力なので、感触的には硬めを想像してましたが思った以上に柔らかみを感じます。

 

マニフレックス246

 

柔らかいけど体が沈むことなく、弾力性で体を押し上げてくれるという寝心地で、とにかく寝返りが楽です。

 

担当の方に効きましたが、マニフレックス246はマットレスが14cmの芯材だけじゃなく1cmの側地を使っていることでこの寝心地が実現できてるとのこと。

 

マニフレックス246

 

とはいっても体重が軽い人や女性にとってはちょっと体が浮く感じがするはずなので、もうちょっと反発力が低いまたは柔らかみがあるマットレスの方がいいかもしれませんね。

マニフレックスモデル246の悪い口コミと良い口コミ

マニフレックスモデル246を実際に使った人の悪い口コミと良い口コミを紹介します。

 

マニフレックスモデル246の悪い口コミ

「今まで柔らかいマットレスを使っていたのでモデル246はちょっと硬すぎる感じがしました。」
「お手入れを怠っていたら底面にカビが出来ました。。。」

 

マニフレックスモデル246の良い口コミ

「高反発マットレスの本当の良さを始めて実感できました。」

 

「今までは激安の高反発マットレスを使ってましたが、ただただ硬いだけで1年ももたずにヘタってしまったことがあってマニフレックス246に買い替えましたが、適度に柔らかくしっかり体が支えられる寝心地は抜群。もっと良いモデルもあってそっちの方が寝心地は良いかもしれませんが、246で十分です。」

 

「今まで特に寝起きは腰痛と肩こりで毎朝起きて会社に行くのがしんどかったんですがマニフレックス246に変えて腰の痛みや肩こりもだいぶ楽になりました。
特に寝起きにスッキリできるのは嬉しいです。」

 

マニフレックス246の悪い口コミと言えば私の想像通り硬さが合わないというもの。
特に筋肉量の少ない人、体重が軽い人にとってはちょっと感触が硬く感じると思います。

 

マニフレックス246のカビ対策

マニフレックス246で見かけたカビてしまうという口コミ。
マニフレックスは定期的に立てかけるなどしないとカビやすいので注意して下さいね。

 

立てかけるといっても重量はスプリング系のマットレスに比べると圧倒的に軽いのでお年寄りだって本当に軽々立てかけることが出来ます。

 

結構、面倒くさがってついついそのままにしがちになってしまうのもわかりますが。。。

 

そんな人は、すのこベッドの上に除湿シートを敷いて、その上にマニフレックスを敷いて使うのが一番カビ防止におススメです。

 

マニフレックスモデル246がおススメな人

マニフレックスモデル246について、私が実際に寝た感覚、マットレスの基本性能、実際の利用者の口コミからどんな人におススメなのかというのをまとめて見ました。

 

マニフレックス246がおススメな人

 

  • 体重は60~80Kg
  • 寝心地は若干硬めが好き。
  • 腰痛や肩こり対策のマットレスを探している。
  • 寝返りが打ちやすいマットレスを探している。
  • 寿命の長いマットレスを探している。
  • 世界的に実績のあるマットレスを探している

 

サイズはどこまである?

マニフレックスモデル246のサイズはセミシングルからクイーンサイズまで5種類のラインナップが用意されてるのもいいですね。

 

それぞれのサイズの大きさと価格をまとめました。

 

サイズ 大きさ 重さ 価格
セミシングル 幅80cm、縦195cm、高さ16cm 10kg 32,670円
シングル 幅100cm、縦195cm、高さ16cm 12kg 39,204円
セミダブル 幅120cm、縦195cm、高さ16cm 14kg 52,272円
ダブル 幅140cm、縦195cm、高さ16cm 17kg 65,340円
クイーン 幅160cm、縦195cm、高さ16cm 20kg 78,408円

 

腰痛に相性のいいマットレスは色々ありますがセミシングルやクイーンサイズが用意されてるのはマニフレックス以外なかなかありません。

 

おススメのサイズは今のあなたの住環境に応じて変わってくるので、今持ってるベッドフレームのサイズに合わせたりして選ぶのがいいですね。

 

 

ただ個人的な意見ですがマニフレックスは寝返りが打ちやすいマットレスなので、1人でもセミシングルはちょっと寝返りが増えることを考えると狭い可能性があります。

 

マニフレックスは販売店にもよりますが最大で12年保証が付くレベルの耐久性があって、言い換えれば一度購入すれば10年は使うものです。

 

なので、毎日10年使いことを想定して一人でもセミダブル、二人だったらクイーンがいいですよ。

 

相性のいい枕は?

今寿命が来てしまったマットレスを使っている人、体に合わないマットレスを使っている人がマニフレックスモデル246で腰痛だけじゃなく、肩こりも軽減できるとは思います。

 

ただ、マットレスに合った枕を選ぶと肩こり、イビキなどが劇的に改善されることもあるので、寝起きの頭痛などで悩んでる人は枕も一緒に変えることをおススメします。

 

マニフレックスモデル246と相性のいい枕は同じくマニフレックスが販売している以下のどちらか。

 

ピローグランデ

柔らかめの枕で、肩、首、頭の体圧分散を実現し、肩こり対策にはおすすめです。
画像を見て頂ければわかると思いますが、ピローグランデは肩から枕にのせて使います。
ピローグランデ

 

エアトスカーナ

やや硬めの枕で頸椎にそって首、頭を支えイビキ対策には抜群です。
エアトスカーナ