西川エアーSIは腰痛持ちの男性の憧れ

今まで西川エアーシリーズは01⇒03⇒SIと改良されてきた経緯もあり、現在西川エアーシリーズの最高傑作と断言できるのがSI。

 

西川エアーSI

 

サッカー選手でいえば三浦知良、ネイマール、野球でいえば大谷翔平が愛用しているマットレスでも有名です。

 

西川エアーSIは腰痛で悩む人、眠りが浅く睡眠の質が浅い人におススメのマットレスで、01から03のアップグレードには大きな違いはありませんが、SIシリーズではマットレスの構造が大きく変わり大きな進化を遂げてます。

 

 

もちろん、最高傑作だけあって西川エアーシリーズの中でも最も高額なマットレスというのは言うまでもありません。

 

いや腰痛対策のマットレス、高反発マットレスの中でも西川エアーSIはかなり高額な部類に入ります!

 

西川エアーシリーズの違いなどについては西川エアーSIの体験レポート!長所と短所を徹底解説で解説してますが今回はSIについて掘り下げていきます。

全シリーズの中で寝心地の違いが顕著に分かる!

この西川エアーSIは実際に寝た感じ、01、03と明らかな違いを感じます。

 

もちろん良い意味で。

 

西川エアーシリーズは全てBasicとハードタイプつまりマットレスの反発力が2種類あって、さらにシリーズごとでも微妙に反発力が違ってくるんですが、正直01と03の寝心地に違いは感じませんでした。

 

ただSIの寝心地だけは別格で、仰向けの寝心地も硬さを感じながらも特定部分だけに圧力がかかってる感じがなく体圧分散が最高で、寝返りもしやすし、横向きに寝た場合でも突起部分が体のラインに沿って上手く支えてくれます。

 

西川エアーSI

 

腰痛対策としても質の高い睡眠を求めるとしてもかなりいいですね。

 

 

 

シリーズ最新のSXもあるのにSIが最優秀という理由

この圧倒的な寝心地は、体を支える点の数でしょう。
西川エアー01、03の突起の数が1200なのに対して、SIは1860とより細かく体のバランスを支える構造になってます。

 

見た目も幾何学的でどこか芸術すら感じてしまうのもいいですね。

 

これらの突起が寝姿勢によって負荷がかかるところ、ボディラインに対応して体を均一に支えてくれる感じが凄くわかります。

 

西川エアーSI寝心地

 

西川エアーをはじめ、今は点で体を支えるマットレスというのがポツポツ出始めてますが、この点の数、人間工学に基づいて計算しつくされた体圧分散と寝返りの打ちやすさという意味では西川エアーがトップレベルにいるといってもいいでしょう!

 

通気性もシリーズ中最高に良いですよ。
従来の通気口はもちろん、SIは突起部分が深く、立体的なクロススリットになってるので縦横方面に放湿性があるので通気も抜群と、従来の弱点をほぼ克服した構造です。

 

 

 

今、シリーズ最新作で西川エアーSXというのもありますが、突起の数などを考えてもSIの方が優秀だと断言できます。

西川エアーSIの寿命

突起部分がより深く作られた設計になっていて、個々がより強度を持つようになってるので突起が裂けたり、つぶれやすくなるという01、03のデメリットを克服し、マットレスの寿命を飛躍的に伸ばしてます。

 

実際に5年以上西川エアーSIを使っている人に話を聞いても、突起部分がつぶれるようなヘタリもなく、亀裂が入ることもなく使えてるそうです。

 

有名なアスリートも使ってますが、まだ買い替えるようなことも内容で西川さん的には10年は使えるマットレス言ってました。

 

西川エアーSIの短所は保証と硬さ

と、ここまで西川エアーシリーズ最高傑作のSIのレビューをして来ましたが、良いところばかりではありません。

 

確かにシリーズ中では最高傑作で、腰痛対策のマットレスとしても最高の部類に入るとは思いますが、一言でいえば使う人を選ぶマットレスとも言えます。

 

その理由はまず硬さ!西川エアーマットレスの硬さは人を選ぶ!

エアーSIはBasicで100N、ハードで115Nですがどちらも柔らかな寝心地はありません。

 

シリーズ中では最も柔らかみも兼ね備えたマットレスということですがそれでも他のマットレスと比べると硬さは感じます。

 

突起部分の違和感

そもそも西川エアーシリーズ全般に言えることですが点で体を支える寝心地に違和感をかじる人はいます。
店頭で試した時は良さそうに感じたけど、実際に毎日使っていたら気になって熟睡できないという人もいるので注意して下さい。

 

価格の高さ

シングルサイズのBasicで96,000円とかなりお値段が高いです。
簡単に変えるものではないですね。

 

保証がない

モットンのような90日間の返金保証やお試し制度もなく、マニフレックスのような長期品質保証もありません。
もし購入して体に合わない、寝心地が合わない、腰痛が良くならないといった場合や想像以上に短期間でヘタってしまったという場合でも保証がないので諦めるしかありません。

 

西川エアーやエアウィーヴなどの特殊構造のマットレスは好き嫌いはっきりと分かれるので返金保証やお試し制度があった方が良いんですけどね。

 

 

西川エアーと同じく、同じ点で体を支える構造で価格が安いスリープマジックと比較するのもいいかもしれません。

良い口コミと悪い口コミ

私の同僚も西川エアーSIユーザーが結構います。
サッカー好きに多いですね、それだけネイマールやカズの影響が大きいということでしょう!

 

ただ、良い面悪い面あるそうなので簡単にご紹介します。

 

西川エアーの悪い口コミ

  • 突起部分が引っ掛かってシーツの交換が面倒。普通のマットレスだったらすんなりシーツがかけられるんですが、突起部分が引っ掛かってシーツの交換に結構時間がかかります。
  • 店頭で試した時はいい感じでしたが、実際使ってみると腰が痛くなるし熟睡できないしで今は他のマットレスを使っていてお客さん用にしてます。使ったお客さんには結構好評です。
  • 凹凸部分が体のラインと負荷に応じて分散してくれるといいますが、腰部分が沈む感じがします。特に寝返りを打って横向きになると腰が沈む感じが顕著になって腰痛が悪化しました。

 

西川エアーの良い口コミ

  • 実際使てみて寝心地になれるまで数日かかりましたが、慣れたら最高です。腰痛対策として一番良いものを購入しましたが、勇気をもって購入してよかったです。
  • 今まで01を使ってましたが寿命が来てSIに買い替えました。同じメーカーのマットレスとは思えないほど寝心地がいいです。SIも数年使ってますが全く変わりなく頑丈さも感じます。
  • 元々腰痛を持っていて評判の高かったSIを購入。私には合っていたのか、今までよりもぐっすり眠れて腰の痛みもなく深く眠れてます。

 

シリーズ最高傑作ということですが、腰痛に効果があった人、なかった人は分かれます。

 

高い買い物なので慎重に検討して下さいね。

 

西川エアーをおすすめなのはこんな人

私が実際に試した感想、マットレスのスペック、使った人の感想を加味して西川エアーSIがおススメな人を整理しました。

 

こんな人におすすめ!

  • 体重60Kg以上で腰痛対策のマットレスを探している
  • 硬めのマットレスが良い
  • 今まで点で体を支えるタイプのマットレスを使っていてその良さを知っている
  • シングルサイズで10万円は睡眠環境を改善するなら妥当

 

西川エアーSIはシリーズ最高傑作だし、他の高反発マットレス比較してもかなり優れた腰痛対策のマットレスだとは思います。

 

ただ、スタンダードなマットレスの寝心地に長年慣れてしまった人、高反発マットレスと言いながらももう少し柔らかみが欲しい人には同等の価格を出すならマニフレックスのフラッグFXも検討してもいいですね。