良い枕は肩こりやイビキ対策として抜群の効果あり!

腰痛に良いマットレスを使っていれば、自然と寝返り回数が増えて腰痛だけじゃなく肩こりの予防にもなるし、仰向け横向きなど寝る姿勢が頻繁に変わるのでイビキ対策としてもそこそこ有効ではあります。

 

ただ、枕もあなたに最適なものを選ぶと肩こりやイビキ対策としてもそして安眠できる睡眠環境を作るうえでも最強です。

 

枕と睡眠

 

今回はそんな寝起きの肩こりやイビキ対策として有効な枕の選び方や、評判や人気が高く品質が高い厳選のおススメの枕を解説します!

 

おススメ枕の紹介の前に…あなたに合う枕選びの3つのコツ!

まず知ってもらいたいのが、どんな人にも合う枕はないということ。

 

首の長さも太さも違うし、使う布団やマットレスとの相性だってあります。

 

まずは、あなたに合う、つまり、肩こりやイビキに効果が高い枕を選ぶポイントをまとめました。

 

寝返りが打ちやすく仰向けでも横向きでも寝やすい
首のカーブに沿って頸椎を支え顎とおでこが水平になる枕
枕はマットレスとの相性の良いものを選ぶのがベスト

 

①寝返りが打ちやすく仰向けでも横向きでも寝やすい

肩こりやイビキにおススメの枕の条件としてまずは寝返りが打ちやすく、仰向けでも横向きでも寝やすいことが最重要ポイントです。

 

「私は横向きで寝ることが多いから横向き専用の枕がいい」

 

とか

 

「いや私は仰向けじゃないと寝られないから仰向けで寝たときに良い枕がいい」

 

という人も結構いますが、それは寝付くまでの話で睡眠中は寝返りを打つので、仰向けになってたり横向きになるというのが睡眠中の血行を改善して肩こりを防いでくれるし、イビキで悩む人にも有効です。

 

 

逆に、寝返りが少ないと筋肉が固まってしまうので肩こりになりやすいですよね。

 

また、イビキに悩む人は仰向けの状態でずっと寝てるのは良くないですよ。
無呼吸症候群にもなる可能性があるし、それが悪化する可能性もあるので。

 

 

では、寝返りが打ちやすく仰向けでも横向きでも寝やすい枕ってどんな特徴があるのかというと、マットレス同様に一定の反発力、弾力性があることが重要です。

 

 

頭が枕に沈み込んでしまうと中々寝返りが打ちにくいです。

 

お店で枕を試すときも仰向けで寝た状態から横向きに寝返りを打って試して下さいね。

 

仰向けで寝た時も心地よい、横向きでも顔に圧迫感がなく寝心地が良い、仰向けから横向きにすんなり移動できるという枕であればOKです。

 

 

高級羽毛枕や低反発枕など柔らかくて沈み込むのが特徴ですが、首から上の寝返りが打ちにくいので腰痛によいマットレス同様ウレタンの枕がおススメです。

 

 

②首のカーブに沿って頸椎を支え顎とおでこが水平になる枕

肩こりに良い枕は、首のカーブに沿って首の付け根から後頭部まで支えてくれてるものを選んでください。

 

これはマットレスでいう体圧分散と同じで、頸椎が浮いてる状態や肩と首の付け根部分だけ枕と接着してない状態だと首に負担がかかってしまいますよ。

 

また、枕の高さは下図のように頭をのせて仰向けに寝転がった状態で顎とおでこが水平になってる状態がベストです。
理想的な枕の高さ

 

 

顎が下がってる状態は気道が狭くなってイビキに最悪だし、ずっと下を向いてるような姿勢になるので頸椎にも負担がかかります。

 

逆に顎が上がり過ぎてる状態では枕が頸椎を支え切れなかったり、頭に血が上りやすく寝起きの頭痛の原因にもなります。

 

 

日中は職場でパソコン作業が長い、スマホをよく見るという習慣のある人は頸椎が下に向いて猫背になりやすく、気が付いたらあるべき頸椎の形じゃなくストレートネックになってる可能性もありますからね。

 

 

睡眠中くらいは頸椎をあるべき正しい姿勢の状態にしてあげることが大切ですよ。

 

 

③枕はマットレスとの相性の良いものを選ぶのがベスト

結構やってしまいがちなミスなんですが、肩こりやイビキ対策に良さそうな枕を求めて店頭で「あっこの枕はイイ!」と思って、そこそこのお値段の枕を買ってウキウキしながら家で寝てみたら

 

「店の寝心地と違う…」

 

というようなことありませんか?

 

私は何度もありました…。

 

 

枕はマットレスの硬さによって沈み込み方が違ってきたり、枕の高さも変わってくるので注意して下さいね。
店頭にあるマットレスより自宅のマットレスが柔らかければ、枕は高く感じて気道を狭めてイビキにはよくありません。

 

逆に店頭にあるマットレスよりも自宅のマットレスが硬ければ枕が低く感じて寝心地も悪いし、枕が頸椎から頭まで支えてない状態ということもあり得ます。

 

 

店頭で枕を試す場合は、あなたが今使ってるマットレスと同じレベルの硬さのものを選んで試して下さいね。

 

おススメの枕4選

枕選びはマットレス選びよりも難しいというのが私の正直な感想です。

 

だから、私がおススメする枕があなたが使ってるマットレスに合うかどうか、あなたの首の長さなどによって変わってくる可能性があります。

 

肩こりやイビキ対策として人気で実際に購入した後の満足度もかなり高い枕を紹介しますが、もし購入しても極力失敗することがないように、どんなマットレスに合ってるのかも解説するのでよくご確認くださいね。

 

めりーさんの高反発枕

めりーさんの高反発枕は腰痛対策マットレスのモットンと同じ会社が販売している枕です。

 

 

枕の形状としては首から頭までしっかりと枕と接着できるようになってるのが特徴です。
首を載せる部分は若干高く、頭をのせる部分を若干低くすることで気道が楽な姿勢になるのでイビキ対策としてもおススメです。

 

モットンと同じ高反発ウレタンを使った枕で、寝返りが打ちやすいということを前提とした設計になってるので仰向けでも横向きでも使いやすいですよ。

 

高さ調節もかなり細かく出来るので首が長い人、短い人などにも対応できるので失敗する確率がかなり低いのがおすすめポイントです。

 

めりーさんの高反発枕の購入は公式サイトでネット購入のみなので事前に試すことが出来ませんが、返金保証がついてるので万が一合わない場合でも安心できますよ。

 

めりーさんの高反発枕に合うマットレス モットン、マニフレックスモデル246雲のやすらぎプレミアムラテシアエムリリー
めりーさんの高反発枕に合わないマットレス 西川エアーSIマニフレックスマニスポーツなどハードタイプの高反発マットレス、各種低反発マットレス

 

 

ラテシアロイヤル肩こり防止枕

ラテシアロイヤル肩こり防止枕は、天然ラテックスを使った枕です。
ラテシア枕

 

肩からキビにかけて広く支えてくれる構造で、天然ラテックスの弾力性で寝返りも打ちやすく極上の寝心地を味わうことが出来ます。

 

また、天然ラテックスで抗菌性、デオドラント効果が高く長年使っていても頭皮のニオイが枕につかないので私のような中年男性には特におすすめです。

 

お値段が高いので購入するのはちょっと躊躇しますが、天然ラテックスを一度でも使ったことがある人の購入率が高く、ネットではなく知り合いの口コミで購入する人が多いという高級枕です。

 

使ってる人は少ないのですが、肩こり対策としての満足度はかなり高い枕ですよ。

 

ラテシアロイヤル肩こり防止枕に合うマットレス ラテシア、モットン、マニフレックスモデル246雲のやすらぎプレミアム、、エムリリー、一般的な敷き布団
ラテシアロイヤル肩こり防止枕に合わないマットレス 西川エアーSIマニフレックスマニスポーツなどハードタイプの高反発マットレス、各種低反発マットレス

 

 

 

ピローグランデ

ピローグランデはマニフレックスの枕で一番人気の抜群の寝心地と肩こり防止効果の高い枕です。
マニフレックス枕ピローグランデ

 

高反発マットレスで有名なマニフレックスは色々な枕を販売してますが、一番人気、満足度が高く高級ホテルでも使われてるのがこのピローグランデです。

 

 

マニフレックスのマットレスを使う人がさらに睡眠環境を良くするために販売された枕ですが、値段が高いにもかかわらずマニフレックスユーザー以外にもかなり人気がありますね。

 

枕の構造は一見「大きな枕」という印象なんですが、首ではなく肩から載せる枕というのが大きな特徴です。

 

頭だけ載せると顎が下向きになって気道が狭くなってしまいますが、肩肩乗せることで理郎の寝姿勢になりやすく肩こりやイビキ対策としてもかなりおススメです。

 

マニフレックスピローグランデに合うマットレス マニフレックス各種、モットン、雲のやすらぎプレミアム
マニフレックスピローグランデに合わないマットレス 西川エアーSI、各種低反発マットレス

 

西川エアー3D

西川エアーと同じくハードな高反発枕です。

 

西川エアー3D

 

西川エアーマットレスユーザー向けに販売されてますが、全く違うマットレスを使ってる人でも購入してる人は結構います。

 

レビューは楽天やAmazonで充実してるのでご確認くださいね。

 

 

実際、私も使ったことがありますがちょっと好みが分かれる枕だというイメージです。
高さ調節ができるので高すぎる、低すぎるというのはありませんが、寝心地が業務で使う緩衝材を敷いて使ってる感じでそれほど良くないですね。

 

また硬めの枕なので、寝返りは打ちやすいんですが首が長めの人、細い人には枕と首筋に隙間が出来て頸椎に負担がかかる可能性があるのであまりおススメできません。

 

西川エアーSIと同じく首も筋肉質な人にはかなり評判が良い枕です。
やっぱり西川エアーSIとセットで使う、つまり西川エアーSIが体に合う人におススメの枕ですね

 

西川エアー3Dに合うマットレス 西川エアー全シリーズマニスポーツ
西川エアー3Dに合わないマットレス モットン、雲のやすらぎプレミアム、エムリリー