コマックスさんへ突撃取材レポート!ラテシアは1度でも寝転がったらハマる最高級の天然ラテックスマットレス

辛口、批判で有名な2chでも珍しく評判が高いラテックスのマットレス。

 

ラテックス2ch

 

今ネットでは色々と腰痛に良いマットレス、比較的お手頃価格で魅力的な高反発マットレスが溢れていますが、積極的に広告を打つことなく、販売価格も高いけど一度使ったら虜になるのが天然ラテックスのマットレス。

 

天然ラテックスマットレスラテシア

 

天然ラテックスっていうのは、東南アジアで採取できる天然ゴム受樹液のことで100年以上前から使われてます。

 

天然ラテックス

 

日本で体圧分散に優れてる、適度な反発力を持っているマットレスのほとんどは特殊なウレタンフォームが主流ですが、

 

天然ラテックスのマットレスは東南アジアを植民地としていた英国の王室、貴族だったりアメリカ、そして原産国の東南アジアのセレブが極上の眠り、腰痛対策のできる最高級寝具として愛用されてることで知られてますよ。

 

 

でも、日本で天然ラテックスのマットレスを知ってるのは、シンガポール 、バンコク、マレーシア、ベトナム、香港のツアーでコマックスの展示場でその寝心地を試した人が殆どじゃないでしょうか?

 

シンガポール

 

決して安いマットレスではないのに、現地で即買いする人も大勢いるし、現地では即決できなかったけど帰国してもなおその寝心地が忘れないという人もまた大勢います。

 

もしかしたら、ここを読んでくれてるあなたは現地でラテックスマットレスの寝心地を体感してモヤモヤしてるかもしれませんね?

 

 

今回は日本でコマックスのマットレスの販売している東京都北区にあるコマックスジャパンさんへ取材してきたので色々とレポートします!

耐久性が高く防カビも抜群!ラテシアの品質

ラテシアはタイで製造されコマックスジャパンが日本で販売している天然ラテックスのマットレスです。

 

いわゆる「ラテックスマットレス」という名前の合成ラテックスとは違いますよ。

 

合成ラテシアできたマットレスは石油化学品のニオイがきついんですが、ラテシアで使われてるのは天然ラテシアなので化学品の臭いはなく最低でも10年使えるほどの非常に強固な耐久性を誇ってます。

 

 

ラテシア

 

また、天然ラテックスは抗菌性が高くウレタンと同様にダニを寄せ付けないのもいいですね。

 

更にウレタンだと心配になるカビも発生しにくいというのも大きなメリットです。

 

天然ラテックスの中でも特に耐久性の高いつくり

ラテシアは皆さんが東南アジアのコマックスで寝心地を体感したマットレスと同様に天然ラテックスにこだわっているというのは同じですが、
品質に厳しい日本人向けにより高品質に製造されてるという点で若干違います。

 

より高品質って具体的にどこ?

一般的にマットレスの形を作るにはラテックスを大きな塊にしてそれを裁断してマットレスにしていきます。

 

これをスラブ製法というのですが、大きなパンを均等に切っていって食パンにするイメージです。

 

ラテシアは1つのマットレスを作るのに1つの型しか使わない製造方法、これをモールド製法といって、材料から食パン1枚から作るイメージです。

 

この製法によって何が違ってくるかというとマットレスの表面にラテックススキンと言われる膜が出来てより耐久性の強さが抜群に上がるんですね。

 

 

ラテシアの寿命と保証

ラテシアのマットレスには10年の長期品質保証が付いていて、最低でも10年は型崩れすることなくへたれることなく使えます。

 

天然ラテックスに限らず、全ての高反発マットレスの中でトップレベルの耐久性を誇っているという理解でOKです。

 

それほど天然ラテックスというのは耐久性が強いマットレスです。

ラテシアのラインナップ(厚さ5cmは敷き布団としておススメ)

ラテシアのマットレスは厚さ5cmと7.5cmの2種類があり、それぞれにシングル、セミダブル、ダブルのサイズというランナップです。

 

サイズ 厚さ5cm 厚さ7.5cm
シングル 86,400円 129,600円
セミダブル 108,000円 151,200円
ダブル 129,600円 183,600円

 

どちらも厚さが10cmに満たないですが、ベッドフレーム、畳、フローリングへ直接敷いても使えますよ。
これがウレタンのマットレスとまた違うところです。

 

頻繁に収納するのであれば厚さ5cmのタイプがおススメです。
価格も安いし、敷き布団と同じ感覚で畳めるので。

 

腰痛には良さそう?実際にラテシアに長時間寝させてもらった感想

実際にラテシアの厚さ7cm、厚さ5cm両方にかなりの時間をかけて寝させてもらいました。

 

ラテシア寝心地

 

色々な腰痛に良いといわれてるマットレスは購入したり、寝させてもらったりしてきたのでおおよそ腰痛に良さそうか、どんな体型の人に良さそうかという判断はつくのでレポートします。

 

寝心地は一言でいえば極楽

初の天然ラテックスのマットレスへ寝てみた感想を一言でいうなら極楽。

 

 

言い方は悪いですが、値段が高いだけあります。

 

 

寝心地はマニフレックスのフラッグFXなどの高級ウレタンマットレスと似てますが、天然ラテックスなので独特の柔らかな感覚と体を押し返す心地よい弾力性がたまりません!

 

 

天然ラテックスなのでウレタンフォームのようにニュートンと言われる反発力の係数はありませんが、色々なマットレスで寝てきた経験から言うと130ニュートン前後の反発力といったところですね。

 

 

しっかりと体圧分散されてるので横向きで寝ても肩のツッパリが気にならないし、腰のラインに沿ってマットレスが吸い付き支えてくれるのでかなり腰痛対策としてもおススメです。

 

ラテシア寝心地

 

極楽の寝心地は厚さ5cm、7cmと変わりませんが寝返りの打ちやすさでいえば厚さ5cmの方が寝返りは楽に打てます。

 

腰痛対策としては寝返りの打ちやすさも重要なので、ベッドマットレスとしても敷き布団としても使えるので個人的には厚さ5cmをおススメします。

 

臭いはどうだった?

シンガポールなどで実際に天然ラテックスのマットレスに寝たことがある人はわかるかと思いますが、天然ラテックスといってもゴムのにおいがきついんじゃない?と思ってる人のために念のため解説しますね。

 

天然ラテックス

 

試しにカバーから取り出した天然ラテックスそのものに鼻を付けて嗅げば多少ゴムっぽいのにおいはします。

 

ただ、ラテシアは天然ラテックスなので石油化学系の鼻につく臭いは全く感じないので安心して下さい。

 

普通に寝るだけであればラテシアはカバーでおおわれてるので無臭と思ってもらってOKです。

 

ラテシアは他の高反発マットレスとどう違う?

ラテックスの特徴は、からだを包み込む「吸収性」としっかり支えてはね返す「高反発」がともに存在すること。

 

天然ラテックス

ラテシアはほぼ100%天然のラテックスでつくられているので、反発力が高く、自然の抗菌作用でバクテリアが生息しにくいという特徴もあります。

 

また、ゴム素材なのでダニもつかずホコリもほとんど出ないので、天日に干す必要がありません。

 

 

天然ラテックスを寝具用に加工するときには空気を含ませますが、そのときにたくさんの気泡ができます。

 

つまり、マットレスの芯材には無数の小さな穴があいているんですね。
このため、ゴム素材といっても通気性がよくて蒸れにくく、表面は一年中サラサラの状態です。

 

それとは別に、ラテシアにはマットレス全体に機械的に小さな穴をあけるピンホール加工も施されているので通気性が高く体圧分散力をさらに引き出すことに成功しているんですね。

ラテシアがおススメな人

以上、ラテシアの体験レポートでした。

 

天然ラテックスの特徴と実際に私が試した感想を踏まえて、ラテシアがおススメな人をまとめてみます。

 

ただその前に1つだけ重要なことが!

 

ラテシアは体全体を均等に支える体圧分散性が高く、柔らかいけど天然ラテックスの弾力性で体を支え、寝返りが打ちやすく腰痛対策としてだけじゃなく、最高の寝心地を実現できるマットレスだというのは間違いありません。

 

でも、唯一気を付けていただきたいのがラテックスアレルギー(ゴムアレルギー)です。

 

天然ラテックスであれば殆ど問題ないとされてますが、万が一のことを考えてあなたがゴムアレルギー(ゴム手袋を使ったりすると手があれたりする)の場合はやめた方が無難です。

 

ラテシアがおススメな人

  • ゴムアレルギーがない人
  • 体重は50~80キロまで腰痛や肩こり対策としてマットレスを探している
  • 費用はある程度かかってもいいので長く使える品質の良いものが良い

 

天然ラテックスと合成ラテックスのマットレスは品質にかなりの違いがあります!
価格が安めの合成ラテックスを購入して失敗する人もいるので、ラテシア以外でラテックスマットレスの購入前は天然ラテックスかどうかを必ずチェックしてくださいね。