イトーヨーカドー、アリオを調査!どんなマットレスが人気?

アリオ亀有

 

今回は店頭販売されていて腰痛対策に人気のマットレスを調査ということで、地元では断然集客力のあるアリオ、イトーヨーカドーの寝具コーナーを調査してきました!

 

アリオもイトーヨーカドーもセブン&ホールディングス傘下なんですが、販売されてるマットレスがそれぞれ違ったりしてますね。

 

特に亀有では駅前にイトーヨーカドーがあって、駅からちょっと歩くとアリオがあるという、同じ系列の百貨店とショッピングモールが近所でしのぎを削ってる状況です。

 

 

 

ちなみに亀有駅前のイトーヨーカドーではニトリが2フロアを占めていて、マットレス関連はニトリのものだけ。

 

ニトリのマットレスについてはニトリで人気の腰痛におススメマットレスを徹底調査でニトリ赤羽で既に調査済みなので今回はスルーして、アリオに向かいます。

 

 

しかし亀有のアリオは滅茶苦茶大きいですね。
どこで腰痛に良いマットレスが販売されてるのかわからないので、総合受付を探しましたがみつからず、1Fから順に舐めるように目で探してようやく見つけました。

主力の腰痛マットレスはボナノッテとエムリリー

もちろんアリオの寝具コーナーにいくつもの種類のマットレスが販売されてますが主力マットレスは2つ!

 

まずはサッカーの本田圭佑選手がモデルになってるボナノッテというマットレス
ボナノッテ

 

マンチェスターユナイテッドの公式寝具パートナーのエムリリーというマットレス。
エムリリー

 

ボナノッテだったら本田選手の写真が目立ってますし、エムリリーだったらマンチェスターユナイテッドの選手が目立ってます。

 

気になったのが、エムリリーのイメージキャラクターでイブラヒモビッチが前面に出てますが、既にマンチェスターユナイテッドを退団してるはず…
「下町の私たちは海外の選手なんてあまり知らないのだろ」うと甘く見られてるのか?

 

なんて思いながら、実際に海外の有名サッカー選手はよく知らないし、いい感じの適当さがまた好感を持てます。

 

ということで、エムリリーに若干の適当さを感じながら両者を比べてみます。

ボナノッテとエムリリーだったらエムリリーの方が断然おススメ!

ボナノッテとエムリリー商品ラインナップとそれぞれの比較は以下の通り。

 

マットレスのタイプ ボナノッテ エムリリー
トッパー 取り扱いなし

セミシングル:16,980円
シングル:17,980円
セミダブル:22,980円
ダブル:27,980円

3つ折り

セミシングル:なし
シングル:29,800円
セミダブル:39,800円
ダブル:49,800円

セミシングル:22,980円
シングル:24,980円
セミダブル:30,980円
ダブル:36,980円

ベッドマットレス

セミシングル:なし
シングル:39,800円
セミダブル:49,800円
ダブル:59,800円

セミシングル:27,980円
シングル:29,980円
セミダブル:36,980円
ダブル:43,980円

 


ボナノッテが3つ折りマットレスとベッドマットレスの2種類に対して、エムリリーはトッパーマットレス、3つ折りマットレス、ベッドマットレスの3タイプから選べます。

 

 

サイズラインナップではエムリリーがセミシングルまで用意されていて、選べる幅は広いですね。

 

腰痛対策を意識してるマットレスでセミシングルまであるのはエムリリー以外ではマニフレックスくらいなので人によっては結構ありがたいかもしれません。

 

 

展示されてたのはボナノッテのベッドマットレスとエムリリーの3つ折りマットレス。

 

普通に考えればベッドマットレスの方が絶対に寝心地などはいいはずなんですが、実際に試してみるとエムリリーの方が断然寝心地が良いです。

 

 

肌で感じる柔らかさはエムリリーの方がかなり良く寝心地は抜群です。

 

 

ただ、柔らかいだけだと腰が沈んでしまったり、寝返りが打ちにくく腰痛対策としてはダメなんですが、エムリリーはしっかりと弾力性があって体を押し返すのが分かります。

 

 

何故かエムリリーの方が柔らかいのに寝返りも打ちやすいという結果でした。

 

 

エムリリーのベッドマットレスタイプでも試したかったんですが、展示されてなかったので残念。

 

 

エムリリーは寝心地の良さをアップさせる柔らかめの上層部と体を支え寝返りを打ちやすくする下層部の2層構造で出来てるマットレスなのでこの柔らな寝心地としっかりと体を支える寝姿勢が保てるんでしょうね。

 

エムリリーの評価をもう少し詳しく見たい方はエムリリー優反発マットレスの腰痛持ちの口コミと管理人の辛口評価をご覧ください。

 

 

ということで、イトーヨーカドー、アリオの主力マットレスとして販売されてるボナノッテとエムリリーだったら断然エムリリーの方がおススメです。

 

価格も安いですしね。

 

 

硬めの感覚の方が好きだったらボナノッテの方が良いかもしれません。