トッパーマットレスが人気ですが誤解したままだと後悔することも!

店頭販売でもネット通販でも腰痛に良いマットレスとして薄くて安い、今使ってるマットレスの重ねるだけのトッパーマットレスの人気が高くなってます。

 

トッパーマットレス

 

特に最近は通気性抜群のオクタスプリングやエムリリーといったトッパータイプのマットレスの人気が高くなってますね。

 

トッパーマットレスが人気の理由はやっぱり低価格で良いものが手に入るからというのも大きな理由です。

 

一流ブランドでもベッドマットレスや3つ折りマットレスと比べればそのお値段はかなり安くなってます。

 

 

ただ、トッパーマットレスを購入して不満を持ってる人もいて、その殆どが同じ理由。

 

 

それは、「トッパーマットレスを単体で使ってる人」「またはへたったマットレス、柔らかいマットレスの上に敷いて使っている人」このどちらかでしょう。

 

 

腰痛によさそうだと思って購入したトッパーマットレスですが、効果がなかったり寝心地最悪だと本当に悲しいですよね。

 

そのマットレスが悪いわけじゃなくて、使い方が間違ってるケースが殆どです。

 

トッパーマットレスの特徴や正しい使い方をここで知って、これからトッパーマットレスの購入を検討している方、今まさにトッパーマットレスを使っていて後悔している方は是非参考にしてください。

トッパーマットレスが大活躍するために覚えておきたいこと

今トッパーマットレスを購入して寝心地が期待外れだったり、腰痛が楽にならないという場合は使い方が間違ってることが殆どです。

 

以下のトッパーマットレスが活躍するケースを参考にしてみてください。
また、これから購入しようとする人もあなたが想定してる使い方が適切かどうか判断してくださいね。

 

使い方を変えるだけで劇的に寝心地が改善されたり、寝起きの腰痛が楽になりますので。

 

重ねて使う!

トッパーマットレスというのは厚さが5cm前後の薄いマットレスのことを指します。

 

だから、単独でベッドフレームに敷いたり、畳やフローリングに直接敷いたりするとほとんどの場合はお尻、特に臀部のあたりが底にぶつかる感覚、つまり底つき感を感じてしまいます。

 

底つき感を感じたまま寝るのは腰痛にもよくないし寝心地も悪いですよ。

 

だから、トッパーマットレスを使う上での大前提は単独で使わないことです。

 

必ず今お使いの敷布団やマットレスの上に重ねて敷いて使ってください。

 

硬いマットレスや布団の上に敷くのがベスト!

トッパーマットレスは固いマットレスや敷布団の上に敷いて使うのがベストです。

 

へたって歪んだマットレスの上に敷いても歪んだ寝姿勢が適切になるわけでもないし、低反発マットレスの上に敷いてもやっぱり土台になるマットレスが柔らかいと腰が沈んでしまいます。

 

 

ベストはまだへたってない、歪んでいないだけど硬くて寝心地が悪い、腰が痛いそんな人が上に一枚敷いて使うマットレスです。

 

 

トッパーマットレスで人気のオクタスプリングも、「最初はフローリングの上に直接敷いて使ってたけどどうも寝心地が悪くてマットレスの上に重ねて敷いたら劇的に良くなったという」こんな口コミはよく目にします。

 

今ぺったんこになった敷布団や腰痛に良いと思って購入した高反発マットレスが硬すぎて使えないという場合に、環境を改善するために使うのがベストです。

 

 

へたったマットレスの寝心地を復活させることはできない!

 

トッパーマットレスは重ねて敷いて使うのです。

 

でも、もう10年くらい使ってマットレスが緩やかに凹み、へたりが目立つ場合、トッパーマットレスで手軽に寝心地が復活できると考えない方が得策です!

 

 

へたったマットレスの上に敷いても腰痛に良い寝姿勢にもなりません!

 

歪んだ状態のマットレスの上にトッパーを敷いても土台のマットレスが歪んでるのでやっぱり体は歪んで腰痛の原因になります。

 

 

トッパーマットレスはへたりのない、歪んでないマットレスや敷布団の上に敷いて使うのが大前提です。

 

へたって凹んだ部分にタオルなどを敷いてその上にトッパーを使う人もいますが、きれいに土台のマットレスの歪みをタオルなどで補修できるならそれでもかまいませんが、現実的にはちょっと厳しいかなというのが正直な感想です。