オーダーメイドの枕が作れるピロースタンドで枕を作ったけど…

枕難民という言葉があるくらい、自分に合った枕を探してさまよい続けてる人は意外と多くて実は私もその一人。

 

今回はオーダーメイド枕が作れるというピロースタンドで枕を作った様子や、実際に使った感想を。

 

ピロースタンド

 

マットレスは体全体を支えるもので、腰痛や寝起きのスッキリ感、質の高い睡眠には欠かせないんですが、枕はイビキ対策だったり肩こりの改善には結構重要。

 

 

枕を一つ替えただけで寝違えたように首が痛くなることもあるし、翌朝ひどい肩こりと肩こりからくる頭痛に悩むこともしばしば。

 

今までいくつ枕を買って試したのかわかりません。。。

 

そんな中、一人一人に合った枕をオーダーメイドしてくれるということで西川産業が展開しているピロースタンドへ行ってきました。

 

オーダーメイド枕を作る過程

私が行ったのは東京都足立区の北千住駅から徒歩5分ほどのところにあるピロースタンド北千住。

 

 

まずは、そば殻、備長炭パイプ、マイクロファイバーなどの素材を選びます。

 

 

それぞれの素材のサンプルもあり、素材の特徴の簡単な説明書きが書いてありますがどれも良さそうで迷います。

 

ここで即決できる人ってなかなかいないんじゃないでしょうか?

 

 

アパラレルショップのように担当の人が色々アドバイスしてくれればいいんですが、このピロースタンドでは「どうぞ選んでください!」という感じで基本放任主義。

 

 

買う気満々で素材をじっくり吟味しながら、相談しても結構軽い受け答えでもうちょっと親身になってくれればいいだけど…

 

質問しても説明文に書いてあること以上の答えが返ってこないのでちょっとがっかり。

 

 

担当した人の経験やスキルが明らかに低い!アルバイト?

簡単な説明文から、「丸洗いできる素材」「硬すぎず柔らかすぎない素材」のエアセルパイプを選択。

 

エアセルパイプ

 

その後、首の付け根から後頭部まで特殊な定規を使って頸椎カーブを測定。

 

頸椎カーブ測定

 

これがオーダーメイド枕ならではですね。

 

 

そして、私が選んだ素材が入った枕を持ってきて、展示されてるマットレスの上に寝っ転がって測定します。

 

 

ピロースタンドは西川系列なので展示されてるマットレスは西川エアーSI

 

西川エアーSI

 

自宅で使ってるマットレスよりもかなり固いです。

 

その上に寝っ転がって枕を首にあてて

 

「どうですか?」

 

と聞かれます。

 

 

「あれ?さっき計測したデータをもとに素材の多さなどを調整したりするんじゃないの?」

 

と思いながら、

 

「あ~結構いい感じかも」と曖昧ながら返事をすると

 

「では、これで」とこんな感じ。。。

 

 

試した枕もほぼ既製品で、最初に計測したのはなんだったのか?

 

 

ちょっと焦って「すみません、もうちょっと試さして下さい。」

 

と寝返りの打ちやすさや、仰向けの姿勢や横向きの姿勢などを試して「もうちょっと低いの方が良いです」と、こちらからお伝えします。

 

 

もちろん私が要望を言えば中にある素材の量を減らして低くしたり、その逆で高くしたりも出来ますが、もうちょっとプロのアドバイスをもらいながら、自分の要望を伝えたかったんですが…。

 

それでも色々試して一番自分にちょうどいい感じになったところで購入。

 

 

プロの意見で色々なアドバイスをもらいながら私の要望を伝えるということを期待してましたが、アドバイスは殆どもらえず残念!

 

 

でも、ピロースタンドであまりアドバイスをもらったり微調整が出来なかったことに一抹の不安を感じながらも、やっぱり購入したら期待とワクワク感が高まってきます。

家でワクワクしながら寝ましたが…

そして実際に寝てみると、、、

 

う~ん、ピロースタンドで使ったマットレスの硬さと私が使ってるマットレスの硬さが違うので枕の感覚が全然違います。

 

枕が思ったより高く感じで気道が狭まっている感覚がします。

 

 

私が使ってるマットレスの方がピロースタンドで合わせた西川エアーよりも柔らかいのでちょうど良くないんですね…。

 

また個人的にはエアセルパイプの感触もあまり好きになれませんでした。

 

ピロースタンドではなかなかいい感じだったのに、家に帰って実際に使ってみると色々な感触が違います。

全てのピロースタンドが期待外れというわけじゃないとは思います…

私はピロースタンドのオーダーメイド枕は期待外れでしたが、担当した人(アルバイトっぽかった)のスキルや親身になってくれる姿勢などで変わってくるとは思います。

 

 

ピロースタンドは結構有名なので、私の友人も別のピロースタンドを利用して作ったオーダーメイド枕に満足してるそうです。

 

 

結論としてはピロースタンドが全て良くないわけじゃなく、そこで働く人、担当についた人によって枕の出来が変わってくるというのは絶対にあると思います。

 

 

だからといって全国にあるピロースタンドの中でどの店舗の誰が良いのかわからないのである意味ギャンブル要素はありますね。。。

 

 

働く人の教育というかマニュアルなどが徹底されて、画一的な対応をするようであればばもうちょっと違った結果になるかと思いました。

自宅で使うマットレスと同等のもので試すべし

私がピロースタンドのオーダーメイド枕が気に入らなかったというもう一つの大きな理由は自宅で使ってる腰痛対策マットレスのモットンとピロースタンドにある西川エアーSIの寝心地、硬さが違うこと。

 

自宅で西川エアーSIを使ってる人だったら、ピロースタンドで作った枕の感覚と変わらないと思いますが、マットレスが変わると枕の寝心地も変わってきます。

 

 

私の場合は西川エアーSIの営業はなかったんですが、ピロースタンドでは枕だけじゃなくマットレスも販売してるのでショップによってはマットレスも一緒に提案されることもあって煩わしさを感じる人もいるそうです。

 

ということで、ピロースタンドを使うなら、今自宅で西川エアーマットレスを使ってる人、又は枕とマットレスを一緒に買い替えようと思ってる人がいいと思いますが、そうでなければオーダーメイド枕に過度な期待をかけるのはあまりよくありませんよ!

 

既製品の枕でもいいものはたくさんありますので。