マニフレックスフラッグFXは最高の寝心地の高反発マットレスだった

マニフレックス東京ショールームで試したベッドマットレスで最高の寝心地だったのがフラッグFX。

 

平日でお客さんも少なく、担当の方から「好きに寝てください」という言葉に甘えて実際20分くらい寝てしまいました。
フラッグFX

 

それくらい柔らかな感覚だけどしっかりと体を支えるというあまりに気持ちがいい高反発マットレスです。

 

気になる寝心地は?

フラッグFXはモデルトリノのワンランク上の寝心地で実際のマットレスの構造からもわかります。

 

芯材 エリオセル18cm(反発力170ニュートン、密度31D)
側地 エリオセルMF表2cm、裏2cm(反発力70ニュートン、密度75D)

 

モデルトリノの芯材より5cm厚く、エリオセルMFは2cmずつ。
マットレスの厚みが5cm増加すると寝た時の安心感はかなり変わります。

 

マニフレックスフラッグFX構造

 

モデルトリノと寝心地の質は変わらないんですが、マットレスの厚みがフラッグFXの方がぐっと増加しているので重厚感、安心感がプラスされといった感じ。

 

マニフレックスには色々なシリーズがありますが、このフラッグFXベッドマットレスの上位モデルで、サッカー選手の香川真司さんも愛用してます。

 

 

実際はこのフラッグFXよりさらに上位モデルとして、モデルローマなどもありますが柔らかすぎてアスリートの体を支えるには向かないとのことです。

 

極上の寝心地とアスリートの体でもしっかりと支えるという意味ではフラッグFXが最も優れた高反発マットレスでしょうね。

 

香川選手だけじゃない!ドルトムントの選手の多くが使うマニフレックスフラッグFX

サッカー選手の香川真司さんは2012年にドイツのドルトムントというチームからイギリスのマンチェスターユナイテッドというチームへ移籍する際にマニフレックスが寝具全般のサポート契約を結んだそうです。

 

 

動画のインタビューでも言ってる通り、チームメイトが香川選手の部屋に遊びに来た際にフラッグFXの寝心地が気に入って買った選手もいるそうですよ。

 

 

マンチェスターユナイテッドはエムリリーと寝具契約を結んでいるので、おそらくマニフレックスフラッグFXを使っているのは、ドルトムントの同じチームメンバーでしょうね。

 

サッカー選手以外でもメジャーリーグの前田健太選手なども同じのを使ってます。

 

今はプロやトップアマといったアスリートは睡眠環境にも十分気を使っていて、あまりスプリング系のマットレスは使わないようですね。

 

 

マニフレックスフラッグFXを使ってる人のガチレビュー

マニフレックスフラッグFXはかなり高級マットレスなんですが、意外と使っている人が多いです。

 

もちろん一番買いやすいモデル246がやっぱりベッドマットレスでは一番人気ですが、ゴージャスな寝心地でいうとモデルトリノよりも人気があるのはやっぱり香川選手などの効果かもしれませんね。

 

 

以下に実際にフラッグFXを手に入れた勝ち組の方々の口コミをまとめて見ました。

 

高いのでかなり迷ったけど、寝起きの腰痛や熟睡できない日が続き仕事にも影響が出るので睡眠環境への投資だと思って買いました。

 

この値段の価値はあると断言します!
睡眠が全く違うし、寝起きの腰痛もなくなり睡眠負債を返済できたと思います。

 

香川真司モデルということで自分へのご褒美ということでちょっと無理して買いました。

 

感動レベルの寝心地です。
毎日寝るのが楽しみで、なかなか寝付けないのがウソのようにすぐに寝れるのも良かったんですが、今まで感じていた寝起きの腰の痛みや肩こりを全く感じないが最高です。

 

元々マニフレックスユーザーでそろそろ寿命が来たので買い替えました。

 

マニフレックスが良いマットレスというのは知ってましたが、いうことありません。
他にも高反発マットレス、腰痛に良いマットレスがあるのは知ってますがマニフレックスの寝心地を知ってしまったら他に冒険する気になれません。

 

ネットでの書き込みはかなり調査しましたが、悪い口コミはありません。

 

 

もし誰かフラッグFXの悪評を見かけたら教えてほしいくらいです。

 

購入する前の人の口コミでは「ほしいけど高くて手が届かない…」というのはあります。同意ですけど。
また、正規代理店で購入しなくて違う箱に梱包されてきて、側地がボロボロだったとかそんな口コミはありますので、マニフレックスについては正規代理店で購入するのが絶対におススメですよ。

 

マニフレックスフラッグFXがおすすめな人

マニフレックスフラッグFXをおススメする人を私が寝た感覚とマットレス性能、口コミを前提にまとめました。

 

こんな人におすすめ!

  • 体重は50~90kg
  • マットレスを睡眠環境への投資だと思える人
  • 最高の眠りと最高の寝心地を味わいたい人
  • トップアスリートと同じ環境で寝たい人

マニフレックスモデルFXのサイズや価格

マニフレックスフラッグFXのサイズはシングルからクイーンサイズまで5種類のラインナップが用意されてます。

 

ダブル、ワイドダブルがあるのがいいですね。

 

サイズ 大きさ 重さ 価格
シングル 長さ195cm、幅100cm、厚さ22cm 20kg 95,040円
セミダブル 長さ195cm、幅120cm、厚さ22cm 23kg 113,142円
ダブル 長さ195cm、幅140cm、厚さ22cm 26kg 141,428円
ワイドダブル 長さ195cm、幅150cm、厚さ22cm 28kg 152,743円
クイーン 長さ195cm、幅160cm、厚さ22cm 30kg 164,057円

 

フラッグFXの特徴はマットレスの芯材だけじゃなくて、側地には木製ファイバーという吸湿性と放湿性と防臭効果が高い素材が使われていて夏でも蒸れにくく、冬は暖かい感触というのも寝心地の良さを高めてます。

 

マニフレックス上位モデルだけあって、同じマニフレックスの同じベッドマットレスタイプのモデル246と比べると2倍以上値段が高くなります。

 

「確かに高い!だけどほしい!」そんなマットレスです

正直今の私だったら手が届かない…だけどいつかは欲しいマットレスです。

 

実際にマニフレックス東京ショールームで試したベッドマットレスは、モデル246⇒モデルトリノ⇒フラッグFXの順番でだんだんグレードアップしていきました。

 

価格のことをしらなくてどれが一番よかったかと聞かれれば迷わずフラッグFXというのは間違いありません。

 

新婚さんだったらクイーンサイズがかなりおススメです。
引っ越しや新築の際に一緒に購入してゴージャスな寝心地を10年味わうなんて最高のタイミングかもしれませんよ。

 

マニフレックスフラッグFXを購入するなら?!

マニフレックスは基本的にどこで購入しても価格は同じです。

 

逆に大幅な価格オフをしている場合は非正規品の可能性があったり、長期保証がなかったりするケースがあるので注意して下さいね。

 

マニフレックスの長所はマットレスの品質の高さもそうですが、長期保証も大きいと思います。