腰痛対策にモットンを使い続けた管理人が真面目に評価します

当サイトの管理人の私が販売当初から使い続けているのが腰痛対策として人気があるマットレスのモットン。
実際、私も使っています。

 

モットン

 

モットンは腰痛対策のマットレスとしてネットでよく見かけるので、興味がある人は結構いますが

 

「本当に欠点の無いマットレスなの?どのサイトも評価が高すぎて怪しい」
「実際にモットンを使った人の感想は?本当に腰痛が解消されるの?」
「モットンはどんな特徴のマットレスで、他のマットレスと大きな違いはあるの?」

 

など、
「モットンにちょっとは興味があるけど良い面も悪い面もリアルな声を色々知りたい」という3年前の私と同じような疑問を持ってるあなたの参考になれば幸いです。

 

 

モットンは特に寝起きの腰痛に悩む人から人気があって、発売当初から100,000本を突破してますが、今回は色々なマットレスを試してきた私が腰痛対策に3年間モットンを使った時点で痛感した満足した点(メリット)、不満な点(デメリット)をお伝えします。

 

モットンを実際に使って痛感した2つの不満(デメリット)と3つの満足(メリット)

実際にモットンを使った人の意見は色々ありますが、まずは私が使って不満を感じた点、満足した点から!

 

モットン圧縮状態

 

モットンのデメリット(不満を感じた点)を2点!

最初はあなたが気になるモットンのデメリットから!
仕事柄他のマットレスを色々使っているので若干比較も交えながらお伝えします。

 

3つ折りに比べれば収納は不便

モットンはベッドマットレスタイプなので3つ折りタイプのマットレスと比べると収納は不便です。

 

収納する頻度が低いならモットンの付属バンドで畳めるので大きな問題はないですが、頻繁に収納したい人にとっては折り畳みマットレスと比べると手間です。
モットン折り畳み

 

ベッドフレームに敷くなら収納の必要性はありませんが、畳などに敷いて頻繁に押し入れにしまいたい場合は腰痛対策として定評のある折り畳み式のマットレスを検討するのがいいかもしれませんん。

 

 

マットレスにもうちょっと厚みがあってもよかった

モットンは厚み10cmで良くも悪くもいたってシンプルな高反発マットレスです。

 

モットンベッド

 

日本人の一般的な体重であれば10cmの厚さは底付き感することなく使えますが、あと5cm程厚みがあるとよりゴージャスな寝心地になるのでもうちょっと厚みが欲しかったところです。

 

多少値段は高くなりますが、腰痛対策だけじゃなく贅沢な寝心地を求めるなら極厚のマットレスを検討するのもいいですよ。

 

 

モットンのメリット(満足した点)を3点!

次はモットンに満足した点を。

 

寝心地は上々で寝返りが楽!

モットンは硬すぎず、沈み込みすぎずちょうどいい寝姿勢でいい寝心地です。

 

モットンの寝心地

 

ベッドに直接敷いてますが、底付き感なく横向きになっても仰向けになっても適度な柔らかさと弾力性を感じます。

 

またとにかく力をほとんど入れずに寝返りが出来ます。

 

特に寝返りを打つたびに腰が痛い、寝返りすると腰が痛くて目が覚めるという人にはかなりいいですよ。

 

寝起きの腰痛は確かに良くなったしイビキも軽減された

使った翌日からすぐに腰痛が楽になるわけではありませんでしたが、1週間もしたら大分腰が軽くなりました。

 

朝目が覚めて起き上がるときの腰の痛みがまずなくなりました。

 

また、寝返りの回数も増えたおかげでイビキもかなり軽減されて、翌朝の目覚めがかなりすっきしてます。

 

寿命は長そう

公式サイトではモットンの寿命は10年と言われてますが、3年たった現時点では全くへたらず使えてます。

 

寿命が短いマットレスだと1,2年で真ん中あたりが緩やかに凹んでくるんですがまだまだマットレス全体がピンとした緊張感を保ってます。

 

あと7年使うつもりですが、途中でへたったりしたらすぐに更新します!

 

モットンとはどんなマットレスなの?

モットンは巨額を投じた派手な広告をしなくても、
今が旬のトップアスリートや芸能人とのタイアップがなくても(元中日ドラゴンズの山本昌さんがキャラクターになってますが)、人気のマットレスということで今では寝具業界でもかなり注目を集めています。

 

モットン公式サイト

 

では「何か特殊な構造をしているのか?」というとそうでもなくてモットンはスタンダードな高反発マットレスですよ。

 

 

製造と販売
販売会社 株式会社グリボー(モットンジャパン)
製造 Warm Universe Home Products

販売会社は福岡と東京に拠点を置く会社で、製造会社のWarm Universe Home Productsは中国企業です。
私は気にならなかったですが、中国企業のイメージが悪い人もいますからね…。

 

サイズ別の価格

サイズはシングル、セミダブル、ダブルの3種類でそれぞれのサイズで100N、140N、170Nの3種類の固さ(反発力)を選べるのが特徴です。

サイズ 大きさ 重さ 価格
シングル 長さ195cm、幅97cm、厚さ10cm 7.5Kg 39,800円
セミダブル 長さ195cm、幅120cm、厚さ10cm 9.0Kg 49,800円
ダブル 長さ195cm、幅140cm、厚さ10cm 10.7Kg 59,800円

 

硬さと適正体重
反発力(硬さ) 適正体重
100ニュートン ~45Kg
140ニュートン 45~80kg
140ニュートン 80Kg~120kg

マットレスの硬さが違っても価格が同じというのがいいですね。
西川エアーSIは反発力が上がると同じサイズでも価格も上がったりするので。

 

その他マットレススペック
密度 31D
復元率 96%
ホルムアルデヒド含有量 5μg以下

 

密度、復元率はマットレスの耐久性を見るうえで参考になる指標です。

 

密度が高ければそれだけ中身が詰まったマットレスということでへたりにくい(マットレスの弾力性が続くということ)
復元率が高ければ長年使っていてもマットレスの変形しにくい(長年使っても薄くなったり凹んだりしにくいということ)で、モットンに限らず密度は30D以上、復元率は95%以上あるものが重要です。

 

また、ホルムアルデヒド含有量は赤ちゃんが使っても安心できるレベルですね。

 

これらは全て自社調べではなくて一般財団法人ボーケン品質評価機構での調査結果なので安心できます。

 

 

モットンは体重に合わせた反発力(硬さ)を選ぶのがポイント!

「使ってみたけど体に合わなかった」というような後悔をしないためのポイントは、適正体重に合った硬さを選ぶことがポイントです。

 

モットン硬さ

 

モットンは腰痛対策のマットレスといっても、いたってスタンダードなウレタン素材の高反発マットレスですが、
あらかじめ体重に合わせて最適な硬さのマットレスが選べるので失敗することが少なく、さらに返金保証があるので安心して購入できるというのが人気が出た理由でしょうね。

 

購入画面の左下に硬さが選べるようになってるので、購入時はご確認を!
モットン購入画面

 

モットンの返金保証について

モットンには発売当初から90日間の返金保証制度を継続してます。
当初は最初だけかと思ってましたが、かれこれ数年継続してくれてますよ。

 

アナウンス

 

どんなに有名なアスリートが使っていても、どんなに有名でも、どんなに高価なマットレスでも体に合う合わないというのはあるのでこれは画期的な制度で注目されました。

 

モットンの90日間の返金保証の目的

  • モットンは腰痛対策マットレスとはいっても全ての人の腰痛が楽になるとは限らないのが現実
  • だから実際に90日間使ってみて腰痛が楽になるようだったらそのまま継続して使って下さい
  • 90日間使ってもし体に合わず、腰痛が楽にならなかったら商品を返品してくれれば、購入代金をお返しします

というのが目的です。

 

返金保証期間はなぜ90日間なの?

今までの統計上、マットレスで腰をはじめ体が楽になると感じるのは早い人で1日~数日、平均で2週間、遅くて90日間という結果が出てるそうです。

 

逆を言えば、90日以上我慢して使っても今後よくなる可能性が少ないということなので、体に合う合わないの判断基準がはっきりしてます。

 

モットンの返金保証の流れとポイント

モットンを購入し、返金保証を使うまでの流れとポイントを整理しますね。

 

モットン公式サイトで購入すること

楽天、Amazon、オークションサイトなどモットン公式サイト以外で購入した場合は返金保証が使えないので注意して下さい。

 

商品が届いてから90日間使うこと

商品を購入した日ではなく、配送された日から90日間です。

 

90日経過してから14日以内に判断する

腰痛が改善されたり体に合っていると感じたらそのまま使って
腰痛が改善されなかったり、体に合わないと感じたら返金手続きを。

 

モットンの返金保証を受ける場合は、コチラの返金依頼フォームに理由など簡単なアンケートを記入するだけで数分で終わります。

 

 

ちなみに、90日経過してから14日以内がモットンの返金保証期間で、この期間内であれば硬さの変更、サイズの変更(差分の料金は発生します)が可能ですよ。

 

悪評が多い?腰痛対策にマットレスをモットンにした人の口コミ

2015年頃から腰痛対策マットレスとして急激に人気が出たモットン。

 

たくさん売れた人気のあるマットレスには良い評判ばかりじゃなく、悪評もあります。

 

実際に私以外でモットンを使った人の口コミから良い口コミだけでなく悪評もまとめました。

 

モットンの悪評

まずは悪評から。モットンの悪い口コミ、つまり悪評で多いのがこんな声です。

  • 「私の体には合わなかったようで返品しました」
  • 「すぐに腰痛が楽になると思ったら背中が痛くなった、翌日から腰痛が治ったという口コミに期待したのに…」
  • 「旦那の寝返りが増えてウザイ…」
  • 「返金保証が使えなかった」

 

仕事柄色々なマットレスのレビューや口コミを見る機会が多いのですが「有名なマットレスに書き込まれる感想と似てるな」っていうのが素直な感想です。

 

腰痛改善に良いマットレスや高反発マットレスは体に合う合わないということがあるので、体に合わなかったという書き込みは多いです。

 

特に西川エアーではよく見かけます。

 

 

モットンの場合はスタンダードな高反発マットレスなので、使う人の体重とマットレスの硬ささえ間違えなければ体に合わないということは殆どないと思いますが、
もし体に合わない場合でも90日間使って気に入らなかったら返金してもらえる制度があるので他のマットレスと比べるとリスクは少ないですよ。

 

「返金保証が使えなかった」という口コミも見たことがありますが、これはオークションサイトなど公式サイト以外で購入したケースは起こりうるので、購入する場合は公式サイトが安全です。

 

モットンの良い評判

  • 「数日寝心地に違和感があったけど、慣れたら今まで以上に熟睡できる」
  • 「朝、腰に痛みなく自然に起き上がれる」
  • 「長時間寝ても腰に痛みが来ない」

 

モットンの良い評判も、西川エアー、マニフレックスなど他の人気のある高反発マットレスと同じように「腰痛が改善された」「寝起きが楽になった」というのが殆どですね。

 

モットンは腰痛対策マットレスとして有名なので購入者の100%が腰痛に悩む人。
そして実際にモットンを使って「腰痛が楽になった」、「腰痛が改善された」という人は90%を超えてるので満足度はかなり高いといっていいですね。

 

 

モットンがおススメな人

以上、実際にモットンを使っている人の評判や私が毎日使っている感想を踏まえてモットンがおすすめの人をまとめます。

 

こんな人におすすめ!

  • 体重は45~90Kgで腰痛に悩んでいる人(体重に応じて最適な硬さを選んでくださいね)
  • 頻繁に収納する必要のない人
  • もしマットレスが体に合わなかったらどうしようと心配している人

 

腰痛対策マットレスのモットンはどこで購入するのがお得?

モットンはネット販売のみで店頭販売はしてないので、寝具店などで購入することはできません。

 

ネットショップで取り扱いがあるのは楽天、Amazon、Yahooショッピング、モットンジャパン公式サイトのいずれかですが、
サイト別に販売価格に大きな差があり、現時点では公式サイトが圧倒的にお得です。

 

また、モットンの最大のメリットと言ってもいい90日間の返金保証などのサービスが受けられるのも公式サイトだけです。

 

購入時にはサイズだけじゃなくて硬さもちゃんと選ぶようにしてくださいね。

 

腰痛対策にマットレスをモットンにした40代サラリーマンの激白

モットンのリアルな口コミとして、腰痛対策としてマットレスをモットンにした40代サラリーマンの方の方の事例を。

 

モットン

 

朝から晩まで毎日のデスクワークで、体が30代後半を過ぎると腰痛を感じるようになって、40代になってからは酷くなってきた…。
特に寝起きの腰痛が辛い毎日。

 

時々歩くのもつらいほどの腰痛になって病院へ行ったこともあり、幸いなことにすべり症や椎間板ヘルニアといった診断はされませんでしたが、病院へ行っても湿布や痛み止めの薬を処方してもらうだけ。。。

 

整体にも通いましたが、ずっと整体や病院へ通い続けるのもお金もかかるし、何より時間が中々取れないのもあって腰痛対策のモットンというベッドマットレスを思い切って購入しました。

 

 

そんなサラリーマンの私がネットで評判が高いモットンを「ちょっと怪しいかも?」と思いながらも返金保証もあるということで思い切って購入したあと感じた「モットンで良かったことや」「モットンで期待外れだったこと」などの感想をレビューします。

 

モットンの寝心地はどうだったのか?
モットンは100N、140N、170Nと3種類の反発力がありますが、体重75kgの私は140Nの反発力を選びました。

 

モットン寝心地

 

寝心地はフワっとした柔らかい感触で体へのフィット感があって体も少し沈みますが、マットレスの持つ反発力で体を押し上げてくれます。

 

また、モットンのマットレスカバーは肌触りが良く高級感が出てますね。

 

 

もし、ずっと低反発マットレスのような柔らかいマットレスで寝ていたならちょっと体が反るような感覚があるだろうし、
逆に、ずっと硬い敷き布団で寝ていたなら高反発マットレスだけど結構柔らかいなという感覚だと思います。

 

 

私の体重にあった硬さを選んだのが良かったのか、モットンの寝心地や肌触りという意味では良いですね。

 

翌日から腰痛が解消されたという口コミは嘘?
モットンのレビューで「使った翌日から腰痛が治った」という人もいましたが、私はモットンを使い始めて2日ほど筋肉痛を感じました。。。

 

私のように全くスポーツをしてない人であれば最初の数日間はもしかしたら背中に少し筋肉痛があるかもしれません。

 

モットンに限らず、多くの人が柔らかいマットレスやへたったマットレスを使ってた人が高反発マットレスに替えると軽い筋肉痛を経験するようですね。

 

この筋肉痛は睡眠中も寝返りなどで使うべき筋肉を使ってこなかったのが理由で、筋肉痛を感じたとしても数日で収まるので安心してくださいね。

 

モットン公式サイトでは体圧分散測定した結果を掲載しているので、あなたの体重に最適な反発力がわかるようになってますよ。

 

 

モットンを使った感想

 

最初の数日間は筋肉痛を感じて、正直「失敗したかも」と思いましたが、
そのまま使い続けて1か月もすると寝起きの腰痛が治ったのはもちろん、寝起きだけじゃなく1日中感じていた腰痛も解消されました。

 

 

満員電車での通勤の苦しさも半減したし、階段を上る時も全然問題ありません。

 

通勤

 

 

妻にも「寝返りがかなり増えたね」と若干ウザそうに言われます。

 

ただ、寝返りが増えたおかげかわかりませんが、イビキもだいぶ収まったとのこと。

 

このままへたらせず大切にモットンを使っていきたいですね。

 

よくある質問にまったり答えます!

ここまで読んでありがとうございました。

 

モットンを使い始めてまだ3年ですが、現時点で私が満足した部分、不満を感じた部分、私以外のユーザーさんの口コミなどを紹介しました。

 

最低でもあと7年は使るつもりなので、今後新たに感じたことや気づいたことは随時更新していきますね。

 

なるべくモットンに興味はあるけど分からないことも多いというあなたが疑問に思ってることを解説したつもりですが、「まだ私が知りたかったことがわからない」ということもあるかもしれません。

 

ということで、モットン購入前に私が気になってたこと、今までユーザーさんからいただいた質問などをまとめて回答していきます。

 

モットンってカビやすい?

お手入れしないと底面がカビる可能性は結構あります。

 

モットンに限ったことではなく、どんなマットレスでも寝汗が下に落ちて行く、部屋の結露がマットレスの底に付着するといったことからカビが発生します。
マットレスのカビ対策についてはマットレスのカビ対策決定版!4つの防止方法と2つの除去方法を参照してください。

 

モットンはすぐへたると聞いたことがあるんですが…

どのマットレスでも「すぐへたる」という書き込みはあります。

 

モットンに限らず、ウレタンマットレスのお手入れをしないで使うとへたりやすいのは事実です。
出来るだけ長く使うための方法はマットレスの耐用年数と寿命を飛躍的に伸ばす2つのコツをご覧ください。

 

モットンにクイーンサイズ以上はないの?

モットンは最大でダブルサイズです。
評判が高い腰痛対策のマットレス、高反発マットレスでクイーンサイズ以上の場合はマニフレックスがおすすめです。

 

モットンは赤ちゃんや小さい子供が使っても大丈夫?

問題ありません。むしろおすすめです。

 

モットンはホルムアルデヒド含有量など安全基準を満たしているので特に赤ちゃんが使うのにおススメです。
小さいお子さんももちろん使えますが、おねしょ対策に吸湿性の高い敷きパッドはしてくださいね。

 

モットンは専用カバーしか使えない?

ニトリのボックスシーツなど普通に使えます。

 

公式サイトのお得なお試しキャンペーンはいつまで?

全く未定とのことです。

 

公式サイトにも予告なく終了することがあると書いますが、まだしばらくは大丈夫かな?と勝手に思ってますが、念のため公式サイトで「90日間返金保証があるか」「2万円割引されてるか」この2点はチェックして下さいね。